*

睡眠のメリットを最大限引き出すには?

公開日: : 睡眠

睡眠のメリットを最大限引き出すには?

毎日、しっかり眠れていますか?

日々の健康維持は勿論、美容やダイエットとも切っても切れない関係にある睡眠ですが、ただ漫然と布団に入れば良いというものではありません。
今回は睡眠の効果を高める、そのメリットを最大限引き出す方法をアドバイスします!

「肌のゴールデンタイム」はもはや死語!?

美容に関心の高い人なら、「肌のゴールデンタイム(午後10時~午前2時)」という言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。

肌の新陳代謝を促す成長ホルモンがこの時間帯に多く分泌されることから、少し前まで、午後10時までに寝ることが美容に良いとされてきました。

しかし忙しい現代人にとって、毎日午後10時に眠るという生活習慣はなかなか難しいですよね。さらに最近は、重要なのは眠るタイミングではなく、「充分な睡眠時間を確保すること」「睡眠の質を高める」と言われています。

質の高い睡眠というのは具体的にどんなもの?

睡眠ぐっすり眠っているつもりでも、睡眠中は浅い眠り(レム睡眠)・深い眠り(ノンレム睡眠)が周期的に入れ替わっています。

レム睡眠は、「身体は眠っているけれど脳は働いている状態」なので、脳はしっかりと休むことができません。一方ノンレム睡眠は「身体も脳も休んでいる状態」です。

そのため、睡眠の質はノンレム睡眠のときに熟睡できているかどうかが大きく関わってきます。最も深いノンレム睡眠が訪れるのは睡眠直後2時間~3時間と言われており、とくにこの時間帯にぐっすり眠ることで、脳にも十分な休息を与える(=睡眠の質を高める)ことができるのです。

睡眠の質を決める要因

寝る前にスマホやパソコンのブルーライトに当たると睡眠の質が低下する」というのは有名ですね。
睡眠の質は、この他にも以下のような要因に左右されます。

・寝室の環境…室温・湿度・明るさ・音(音楽)・香り
・寝具…肌触り・重さ・枕の高さ

寝室の環境や寝具が質の高い睡眠を提供しているかどうかは、自分が快適と思えるものであれば、基本的にはそのままで良いでしょう。ただし、好きな音楽でもアップテンポで激しい曲や、好きな香りでも覚醒作用のあるミント系のアロマは寝室には不向きです。

就寝時のおすすめの音楽は自然音やヒーリングミュージック、香りはラベンダーやカモミール、ネロリなどに安眠作用があると言われていますよ。

・寝る直前の行動…食事・運動

食事はカフェインなどの刺激物がNGなのは言うまでもありませんが、身体に優しいメニューも避けた方が良いでしょう。食べたものが消化されるのには時間がかかるので、眠っている間も胃や腸を働かせることになってしまいます。

激しい運動・長時間の運動もおすすめできませんが、逆に軽い運動は良い入眠に繋がるので、ストレッチや柔軟をおすすめします。

・生活習慣

睡眠は体内時計の影響を大きく受けます。毎日決まった時間に起床・就寝することがベストですが、仕事などで不規則な生活を送らざるをえない人には難しいですね。この他にも起床直後に朝日を浴びたり、日中に運動をしたりすることで、就寝時に自然な眠気がやってくるので、こういった点に気を付けてみると良いでしょう。

充分な睡眠をとっているかどうかの見分け方

適切な睡眠時間は人によって大きく変わりますし、睡眠の質が高いかどうかは自分ではよく分かりませんよね。

時間・質ともに充分な睡眠がとれているかどうかを判断するとき、注目したいのは起床4時間後。この時間は脳が最も活発に働いているタイミングなので、この時間に眠気を感じているかどうかが、前日の睡眠が充分だったかどうかの目安になります。

これに当てはまる人は、睡眠時間が多すぎる(または少なすぎる)、眠りが浅いなどの可能性があります。健康や美容のため、普段の睡眠を振り返ってみてはいかがでしょうか。

まとめ:睡眠のメリットを最大限引き出すには?

現代人の多くは自分の睡眠に不満を抱いており、長時間眠っても睡眠不足に悩まされているという人が少なくありません。

睡眠を軽んじては、健康で美しく生きていくのに大きな障害となるでしょう。
1日の1/3を締める睡眠を制する者は人生を制するといっても過言ではありません。
たかが睡眠、されど睡眠。

質と時間を意識して、「眠り」のもつ健康・美容パワーを最大限に引き出しちゃいましょう!

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スムージーレシピ 現在のレシピ記事掲載本数(82本)
プチトマト
自然界の食べ物が体に良い理由

オーガニックフードってやっぱり凄い 現代人の食生活では、ほと

生理不順
生理不順と野菜不足の関係

生理不順とその原因 一般的な生理周期(25日~38日程度)や

むくみ
むくみの原因を探って根治を目指そう

むくみは根治しないと繰り返す 冷え、貧血と並んで、多くの

マカロン
間食置き換えダイエットのすすめ

普通の置き換えダイエットとの違い ダイエット方法の中でも認知度の

貧血
貧血だけじゃない!?健康にも美容にも悪い鉄分不足

鉄分とカラダの関係 貧血が若い女性に多いワケ 月経のあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑