*

スムージーを自宅で作るための機械ってどんなもの?

公開日: : 最終更新日:2016/07/29 ミキサー/ジューサー

ミキサー、ジューサー

スムージー作りの必需品「ミキサー」

グリーンスムージーは、粉末やドリンクはもちろん、関連グッズも数多く販売されています。その中でも、ミキサーはスムージー作りに必須のアイテムですね。しかし、いざ購入しようと思っても、数ある商品の中で「どれを選べばいいの?」と悩んでしまうことはありませんか?
この記事では、ミキサーの基本や、購入時のポイントについて解説します。

オリジナルスムージーレシピもご紹介中ですのでチェック♪

●関連記事
スムージー作りに便利な人気ミキサー一覧

フードプロセッサー・ミキサー・ジューサーの違い

食材を破砕し、細かくする」ことができる調理器具には「フードプロセッサー」「ミキサー(ブレンダー)」「ジューサー」などがあります。「どれも同じじゃないの?」なんて思っていた人、ちょっと待って!似ているように思えても、全然違う調理器具なんです。特性を理解し、場面ごとに使い分けられないと、宝の持ち腐れになりかねませんよ。

これらは食材の処理方法によって区別されます。
まず、フードプロセッサーは食材を刻む、おろす、タネをこねる…など、食材の下ごしらえに使用します。基本的には水分を加えませんが、介護食を作るときは必要に応じて水を加え、粘度を調整します。

これに対し、ミキサー(ブレンダー)は水分を加えて使うので、より液体に近い仕上がりになります。
そして、ジューサーは食材をすりおろしたり、押しつぶしたり(圧搾)して果汁を抽出します。果汁はさらにフィルターで漉されるため、ミキサーで作られるものよりもサラサラとしたジュースを作ることができます。飲みやすい反面、一部の食物繊維が除去されるというデメリットもあります。

これらの調理器具の中で、スムージー作りに使用するのはどれだと思いますか?答えは、ミキサーです。ミキサーは粘度が高く飲みごたえのあるドリンクに仕上がりますし、食材の栄養を丸ごと摂取することができます。ジューサーでもドリンクは作れますが、ミキサーで作ったものより食物繊維量が落ちてしまいますし、フードプロセッサーではそもそもドリンクが作れません。購入の際は充分注意してくださいね。

どのミキサーを選べばいいの?

パナソニック ファイバーミキサー MX-X300さて、スムージー作りに必要なのがミキサーだと分かったところで、今度はミキサーを選ぶ基準に注目してみましょう。

ミキサーを購入のポイントは大きく「パワー(モーターの強さ)」「容量」の2点です。いずれも、ある程度価格に比例します。ミキサーは特別高いものを購入する必要はありませんが、安すぎるものはNG。

グリーンスムージーを作るとき、皮のまま入れたり、数分以上回したりと、ミキサー自体に少々負荷のかかる仕事をすることになります。パワーが弱いとちゃんと破砕しきれなかったり、最悪の場合は壊れてしまうことも。せっかく安いものを選んでも、また買い直すことになってしまうと、かえって高くついてしまっては、本末転倒ですよね。ミキサーのパワーは消費電力に比例しますので、目安としては200W程度の物を選ぶとよいでしょう。商品説明に「スムージー作りに」などの文言があれば、安心ですね。

容量はスムージーを一度に作る分量から、どの程度のものがよいかを判断しましょう。ただし、自作スムージーは日持ちするものではないので、「一度にたくさん作れるものを買って作り置き」…ということは避けましょうね。
この他に、特徴的な製品としては、ミキサーがそのまま携帯ボトルになるというものもあります。洗い物が減りますし、移し替える手間も省けて楽チン!なるべく簡単な方がいいという人におすすめです。

個人的にはパナソニックのファイバーミキサーMX-X300がオススメ
そもそもスムージーを作ることを想定して開発されていることもあり、電力(パワー)も245Wと申し分ありません。
アマゾンでは約6500円で販売されています(2016/2/17現在)

●関連リンク
ファイバーミキサー公式サイト

女性に人気なだけあって、カラーバリエーションが豊富に取り揃えられているものも少なくありません。毎日使うものなら、やっぱりお気に入りのものを使いたいですよね。予算や仕様などの条件に合うもので絞っていっても、最後の決め手はカラーやデザインなんてこともあるかもしれませんね。

まとめ:自作スムージーの必須アイテム・ミキサー

食材を粉砕する調理器具はいろいろありますが、グリーンスムージーを作るのに必要なのは「ミキサー(ブレンダー)」です。ミキサーは金属製の刃で食材を細かくし、水と混ぜ合わせて、粘度の高いドリンクに仕上げます。ジューサーのようにフィルターを通さないので、野菜や果物の栄養を丸ごと摂れるのが一番のメリットです。

ミキサーを選ぶときは「パワー」「容量」の2点に注目しましょう。パワーは消費電力に比例するので、消費電力の値が参考になります。目安として、200W程度のもので問題なく使えるでしょう。容量は自分の使い方を考え、一番いいサイズのものを選んでくださいね。

ミキサーは調理器具の中でも、安く手に入るアイテムのひとつ。自作スムージーのチャレンジを迷っている人は、手頃な価格のミキサーからスタートしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

糖質制限は必要?スムージー置き換えダイエットの注意点

スムージー作りに便利な人気ミキサー一覧

自作スムージーには必需品の「ミキサー」 自作スムージー作りに欠かせないミキサーは、今や

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スムージーレシピ 現在のレシピ記事掲載本数(82本)
プチトマト
自然界の食べ物が体に良い理由

オーガニックフードってやっぱり凄い 現代人の食生活では、ほと

生理不順
生理不順と野菜不足の関係

生理不順とその原因 一般的な生理周期(25日~38日程度)や

むくみ
むくみの原因を探って根治を目指そう

むくみは根治しないと繰り返す 冷え、貧血と並んで、多くの

マカロン
間食置き換えダイエットのすすめ

普通の置き換えダイエットとの違い ダイエット方法の中でも認知度の

貧血
貧血だけじゃない!?健康にも美容にも悪い鉄分不足

鉄分とカラダの関係 貧血が若い女性に多いワケ 月経のあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑