*

お茶の「スムージー」ってどんなもの?

公開日: : スムージー基礎知識

緑茶

日本が誇るスーパーフード、お茶

最近の健康ブームにより、国内でもさまざまなスーパーフードが出回っていますね。アサイー、マキベリー、チアシード…「海外セレブも注目している」と聞くと、それまで知らなかった食材にも手が伸びやすいですよね。でも、新しいものにばかり目を向けていて、ごく身近にあるスーパーフードを見落としてはいませんか?

日本にあるスーパーフード、それは緑茶です。あまりに身近な飲み物なので、普段私達が意識することはありませんが、日本茶は海外から「日本人が年をとっても若々しいのは日本茶を飲んでいるから」と言われるほどのスペシャルな飲み物なんですよ。美容・健康に関心のある人なら、そんな緑茶を取り入れない手はありませんよね。
今回はお茶に秘められた美容・健康効果と、茶葉を使ったスムージーについてご紹介します。

抹茶を使ったスムージーレシピ「アボガトで作る「抹茶風味」グリーンスムージーレシピ」もあわせてどうぞ。

お茶に秘められた健康効果

元気お茶に含まれる健康成分として、まず最初に思い浮かべるのはおそらくカテキンでしょう。しかし、カテキンが健康や美容に良いと知っていても、具体的に体にどのようなメリットがあるのかご存知ですか?カテキンのはたらきは多岐に渡るので、すべてを知っているという人はなかなかいないかもしれません。

カテキンがもつ健康効果は血圧上昇を抑える作用、コレステロール・血糖値を調節する作用、抗アレルギー作用、解毒作用・殺菌作用、利尿作用などです。そのため、近年増加の一途を辿るさまざまな生活習慣病の予防や、食中毒予防にも効果があると言えます。さらに、一部の癌に対する予防効果があるという研究結果もあるのです。健康に関する効果だけでもこれだけ多くのはたらきがあるなんて、ちょっと驚きですよね。

美容効果としては老化防止作用や抗酸化作用など、アンチエイジングに関わるはたらきがあります。とくに抗酸化作用はなんとビタミンCやビタミンE以上と言われているんです!さらに、前述したように解毒作用があることから、口臭改善やデトックス効果も期待できそうですね。また、脂肪の吸収を緩やかにする効果があることから、ダイエットにも効果的だと言われています。

また、緑茶にはカテキン以外にも身体に良い成分がたくさん含まれています。たとえば、リラックス作用のある「テアニン」、美容ケアに重要な「ビタミン類・ミネラル」、整腸作用のある「タンニン」などの成分が含まれてます。お茶は昔から不老長寿の薬と言われてきたそうですが、これだけの成分が詰まっているのなら納得!ですね。

お茶をスムージーに入れるとどうなる?

茶葉お茶とスムージーと聞くと、粉末スムージーを溶かすのにお茶を使ったり、自作スムージーで加える水をお茶に変えたり…という方法が浮かぶと思います。もちろんこれでも良いのですが、緑茶に含まれている成分をしっかり摂りたい場合は、「お茶」ではなく「茶葉」としてスムージーに加えることをおすすめします。なぜならお茶は茶葉から旨味や香りなどの一部の成分を抽出しているだけにすぎず、むしろお茶を淹れた後の「茶殻」に成分が多く残ってしまっているからです。ただし、茶殻は水分を含んでいる上に栄養満点のため、たいへん腐りやすいので、スムージーに使用するのはNGです。

お湯を入れるだけの粉末緑茶は簡単ですが、成分はどちらかというと「お茶」寄り。一方、お茶挽き機やミルで挽いて作られたパウダーでしたら茶葉の成分をそのまま含んでいるので、前述の効果をより期待できるでしょう。
緑茶の味や香りは野菜や果物の香りに隠れてしまうので、ほとんど感じません。入れすぎさえしなければ、お茶が苦手な人でもそれほどハードルは低くなく挑戦できるでしょう。

お茶の飲み過ぎには注意!

身体に嬉しい効果が目白押しの緑茶ですが、メリットと同じぐらいデメリットも多数あるということもお忘れなく。緑茶には「カフェイン(興奮作用、胃を荒らす)」「タンニン(鉄の吸収を妨げる)」「シュウ酸(尿路結石を引き起こす)」など、過剰摂取で身体に害を与える成分も含まれています。とはいえ、お茶を飲む量が常識の範囲内であれば、これらの成分が身体に悪影響を与えることはありません。

では、どのぐらいが過剰摂取となるのでしょうか。気になりますよね。緑茶の適正量は年齢差・個人差がある上、茶葉によっても各成分の量が異なるため、適正量は一概には言えません。ただ、目安として、お茶の場合は1日1L未満に抑えればほぼ問題ないでしょう。これ以上に増やしたい場合は、自分の身体の調子をよく見極めながら調整してくださいね。また、お茶よりも茶葉を直接摂取する方が有害物質を多く摂ることになるため、茶葉の場合は1日小さじ1を目安に、慎重に適正量を見定めるようにしましょう。

茶葉入り粉末スムージーはあるの?

Beauty Smootie「グリーン伊勢茶スムージー」Beauty Smootie「グリーン伊勢茶スムージー」(1杯あたり約72kcal,150~200円)

抹茶味の粉末スムージーは数あれど、茶葉を使ったスムージーはまだほとんどありません。
その中でも確かな品質と茶葉ならではの上品な味・風味で徐々に知名度を上げているのが、「グリーン伊勢茶スムージー」です。このスムージーに使われているのは三重県からブランド認定されている「茶屋まつさか」の高品質な伊勢茶。茶葉だけでなく、大豆や麹とのような古くから親しまれてきた食材や、近年注目されているスーパーフルーツ・アサイーなども入っていて、美容ケアや健康づくりに欠かせない栄養素・成分をたっぷり含んだ贅沢なスムージーなんです!

もちろん、甘味料や着色料などの添加物は無添加なので、健康に気を付けている方やお子様も安心して飲むことができますよ。スムージーには前述のアサイーのほか、バナナやオレンジ、ブルーベリーなどのフルーツが使用されています。これらのフルーツはパイナップルやマンゴーに比べて香りは控えめですが、その分お茶の風味も楽しめます。

このスムージーで摂取できる栄養素や成分は、ビタミン類(とくにビタミンB群、ビタミンC)、ミネラル(鉄分、カリウムなど)、ポリフェノール(カテキン、アントシアニン)、食物繊維、大豆イソフラボンなどです。砂糖不使用のため、他のスムージーより甘味が落ち着いていますが、体内で水を吸って膨らむ「グルコマンナン」が含まれているので、満足感を得やすいという特徴もあります。

まとめ:お茶のスムージーってどんなもの?

緑茶は日本有数のスーパーフード!昔から「不老長寿の薬」と言われるほどのさまざまな健康・美容効果があり、老若男女問わず、すべての人におすすめしたい飲み物です。

グリーンスムージーに入れる場合、お茶として用いる方法と、茶葉として用いる方法の2種類があります。お茶は茶葉に比べてカテキンなどの成分や栄養素が少ない代わりに、同時にカフェインやタンニンなどの有害物質も少なく、用いるのも簡単です。一方茶葉は一度に多量の栄養・成分を摂取できますが、有害物質も同時に多く摂取することになるので、とくに注意が必要です。

有害物質の過剰摂取が心配な人は、茶葉を使った粉末スムージーを活用してみてはいかがでしょうか。
今まであまり意識していなかった人も、これを機に、生活に緑茶を取り入れてみませんか?

関連記事

ごまたっぷり!スムージーレシピ

手作りスムージーを作るなら1食幾ら平均?

自宅でスムージーを作るなら1食平均いくら? 粉末スムージーと自作スムージーで比較したと

記事を読む

大根

スムージーレシピにオススメな野菜一覧

スムージーレシピにオススメな野菜一覧 グリーンスムージーの材料のメインは野菜と果物です

記事を読む

「夏野菜」とスピルリナで作るグリーンスムージーレシピ 材料

自作スムージーを作る前に知っておきたい、身体を温める食材・冷やす食材

スムージーの材料に関する知識を得てから自作しよう! 食材によって身体を温める・冷やす効

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スムージーレシピ 現在のレシピ記事掲載本数(82本)
プチトマト
自然界の食べ物が体に良い理由

オーガニックフードってやっぱり凄い 現代人の食生活では、ほと

生理不順
生理不順と野菜不足の関係

生理不順とその原因 一般的な生理周期(25日~38日程度)や

むくみ
むくみの原因を探って根治を目指そう

むくみは根治しないと繰り返す 冷え、貧血と並んで、多くの

マカロン
間食置き換えダイエットのすすめ

普通の置き換えダイエットとの違い ダイエット方法の中でも認知度の

貧血
貧血だけじゃない!?健康にも美容にも悪い鉄分不足

鉄分とカラダの関係 貧血が若い女性に多いワケ 月経のあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑