*

スムージーは朝、夜どっちに飲むのが最適?

公開日: : 最終更新日:2016/07/29 グリーンスムージーの飲み方

スムージーは朝、夜どっちに飲むのが最適?

グリーンスムージーの正しい飲み方とは?

グリーンスムージーは栄養たっぷりで、さまざまな美容効果・健康効果が期待できますが、その利用方法は人によってさまざまです。飲むタイミングだけとっても、朝・夕と大きく2パターンに分かれていますし、昼に飲むという人や1日中飲んでいるという人もいます。また、飲み方も1回の食事と置き換えたり、料理と一緒にとったりといろいろなパターンがありますね。こういった利用方法のうち、いったい何を選べばより効果が出やすいのか?ということは疑問に思われるでしょう。

しかし、グリーンスムージーを飲むのに朝、夜のどちらがよいかは一概には言えません。これを決めるのに重要なのはスムージーに含まれている栄養素です。

関連記事:【飲み方】グリーンスムージーは氷を入れずに飲もう

朝におすすめなグリーンスムージー

グリーンスムージーを飲む習慣のある人の多くは、朝食時に飲むことが多いようです。朝食は食べた方が良いというのは分かっていても、朝は忙しかったり、起きたばかりでたくさんは食べられないという人も少なくありません。そのため、手軽に済ませられて、少食の人でもしっかり栄養補給ができるグリーンスムージーは、確かに魅力的なメニューだと言えます。

朝食は午前中に活動するための重要なエネルギー源となるので、朝食を丸ごとグリーンスムージーに置き換える場合は「低カロリー」なものよりも、エネルギーに変換される炭水化物(糖質)がしっかり含まれているものを選ぶと良いでしょう。

また、グリーンスムージーに含まれるポリフェノールやビタミン類は、朝に摂ることで日中の紫外線からのダメージを軽減すると言われています。そのため、とくに美容効果をアップさせたい場合は、朝食のタイミングでとることをおすすめします。

ただし、しばしばグリーンスムージーに用いられる柑橘系やセロリ、にんじんに含まれるソラニンは紫外線の吸収率を高め、シミやそばかすの原因になると言われています。これらの食材を使ったグリーンスムージーは、朝には避けた方が無難です。

夜におすすめなグリーンスムージー

朝が忙しかったり、日中に飲むタイミングが取れないという人は夜に摂る人もいるでしょう。「夜の飲食は美容やダイエットに悪影響」と言われますし、食べたあとにすぐに眠るのは栄養の吸収という観点からもあまりおすすめできません。しかし、グリーンスムージーに関してはこの限りではありません。グリーンスムージーは食べる前に破砕され、ペースト状になっているため、普通の食事に比べて短時間で消化・吸収できると言われています。そのため、胃や腸に負担がかかりにくく、栄養もしっかり吸収してくれるのです。

一方で、夜は直後にエネルギーを使う活動をほとんどしません。そのため、炭水化物の多く含まれるグリーンスムージーを飲んでしまうと、余分なエネルギーが脂肪として蓄積されることになってしまいます。夕食と一緒に摂るときや、スムージーのみでも寝る間際に飲むときは、低カロリーでヘルシーなものを選ぶように心がけましょう。

ちょうど良い時間に夕食をとることができないとき、夕食を早い時間と遅い時間2回に分ける「分食」という方法があります。分食は早い時間には炭水化物、遅い時間には低カロリーでビタミン・ミネラルなどの栄養補給をメインとしたメニューがよいとされていますが、このうちの後者をグリーンスムージーにするのも良い方法ですね。

毎食少しずつ飲むのもオススメ

グリーンスムージーは1日に1リットル飲むと良いと言われています。
しかし、普通の飲み物に比べて胃に溜まりやすいので、1リットルを一度に飲むのはたいへんでしょうし、身体を冷やしてしまう危険性もあります。「1日1リットル」を目指すのでしたら、毎食時や間食時などに少しずつ飲むという方法が良いでしょう。ただし、食事を毎回グリーンスムージーに置き換えては栄養バランスが崩れてしまうのでNGですし、1日の摂取カロリーをオーバーしてしまうこともないように注意しましょう。

まとめ:グリーンスムージーを飲むタイミング

グリーンスムージーは朝・夜のどちらに飲んでも効果があります。
そのため自分のライフスタイルに合わせることができますが、その時間帯とグリーンスムージーには相性があるため、適したスムージー選びが必要となります。

朝はエネルギー補給の果物をベースに、紫外線のダメージを抑えるためにポリフェノールやビタミン(とくにビタミンA、C)がたっぷり含まれるものがよいでしょう。ただし、柑橘類やセロリ、にんじんなどは逆に紫外線の吸収率を高めてしまうので、注意が必要です。夜のスムージーは普通の飲食に比べて胃の負担が少なく、栄養もしっかり吸収してくれますので、低カロリーでビタミン・ミネラルを含むものがおすすめです。

グリーンスムージーは1日1リットル飲むのが良いとされていますが、これを達成するには一度に飲むのではなく、朝から夜にかけて少しずつ飲むと身体に負担も少なく続けられます。

いずれの場合でも、毎食をグリーンスムージーに置き換えたり、飲み過ぎたりといった過剰な飲用は禁物です。正しく、賢く使って、より効率よくグリーンスムージーを活用していきましょう。

関連記事

パパと赤ちゃん

子どもや赤ちゃんもスムージーを飲んでも良いの?

健康志向のママなら誰でも思う「子供にもスムージーを飲ませられるのか?」という疑問 健康

記事を読む

lunch

グリーンスムージーをお弁当に持って行きたいんだけど大丈夫?

Photo credit: risaikeda via Visual hunt / CC BY-NC

記事を読む

粉末

粉末スムージーを美味しく飲む方法

Photo credit: dullhunk via VisualHunt.com / CC BY

記事を読む

haramochi

グリーンスムージーの腹持ち度をアップさせる方法

グリーンスムージーの物足りなさを補うには? グリーンスムージーは低カロリーで栄養満点、

記事を読む

話題の「アイススムージー」の効果って実際どうなの?

冷やして飲む「アイススムージー」の効果って実際どうなの?

冷たい「アイススムージー」の効果とは? 2015年、夏に話題になった「アイススムージー

記事を読む

グリーンスムージーを飲んで胃もたれを感じた時は・・・

グリーンスムージーを飲んで胃もたれを感じた時は・・・

グリーンスムージーで体調不良?好転反応?胃もたれ? 健康に良いイメージだけが先行しているグ

記事を読む

【飲み方】グリーンスムージーは氷を入れずに飲もう

【飲み方】グリーンスムージーは氷を入れずに飲もう

グリーンスムージーの弱点 多種多様な健康・美容効果が注目されているグリーンスムージーですが

記事を読む

グリーンスムージーを飲んだ後の体温には注意が必要

グリーンスムージーを飲んだ後の体温には注意が必要

手足など、身体の末端部が冷える「冷え性」は多くの女性の悩みの種ですが、平熱が低い「低体温症」

記事を読む

グリーンスムージーは1日何食置き換える(飲む)のが最適?

グリーンスムージーは1日何食置き換える(飲む)のが最適?

グリーンスムージーの摂り方 美容・健康・ダイエットのためにグリーンスムージーを取り入れ

記事を読む

生理中にグリーンスムージーを飲んでも大丈夫?

生理中にグリーンスムージーを飲んでも大丈夫?

女性が生活をしていく上で、否応なく付き合わなければ行けない生理。なんとなくだるい、身体の調子が悪くな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スムージーレシピ 現在のレシピ記事掲載本数(82本)
プチトマト
自然界の食べ物が体に良い理由

オーガニックフードってやっぱり凄い 現代人の食生活では、ほと

生理不順
生理不順と野菜不足の関係

生理不順とその原因 一般的な生理周期(25日~38日程度)や

むくみ
むくみの原因を探って根治を目指そう

むくみは根治しないと繰り返す 冷え、貧血と並んで、多くの

マカロン
間食置き換えダイエットのすすめ

普通の置き換えダイエットとの違い ダイエット方法の中でも認知度の

貧血
貧血だけじゃない!?健康にも美容にも悪い鉄分不足

鉄分とカラダの関係 貧血が若い女性に多いワケ 月経のあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑