*

自然界の食べ物が体に良い理由

公開日: : 食物の栄養素や効果

オーガニックフード

オーガニックフードってやっぱり凄い

現代人の食生活では、ほとんどの食べ物に添加を始め、さまざまに手が加えられています。
しかし近年は健康ブームの影響もあり、より自然な状態に近いオーガニック食やローフードなどを支持する人も増えてきました。

とくに美容や健康に関心のある人や、食の安全に意識を向けている人だったらよくご存じでしょう。
ではなぜ、自然界の食べ物は身体に良いのでしょうか。

余分なものが少ない

プチトマト
まず、自然界の食べ物は食品添加物や農薬など余分なものが少ないということが挙げられます。
食品添加物や残留農薬などは体内では「毒素」として処理(無毒化)され、体外へ排出されます。そのため、普通は食品添加物等を摂っても、身体に即時悪い影響を与えるということはありませんし、長期的に見ても大きな影響はないとされています。

しかし、肝臓の働きが弱いとスムーズに処理・排出がなされませんし、摂り過ぎると肝臓の大きな負担となる可能性も考えられます。とくに肝臓は身体の中でも重要な役割を担う臓器であるため、負担は少なければ良いに越したことはありません。
また、調味料についても同じです。

現代人の食生活は、特別濃い味を好まない人でも塩分を摂り過ぎだと言われています。塩分過多な食事は血液疾患に繋がる高血圧の原因となりますし、糖分過多な食事は糖尿病をはじめ、生活習慣病に繋がる肥満の入り口となりかねません。
つまり自然界の食べ物は、加工や調味された食べ物に比べ、身体への負担が少ないと言えるでしょう。

ローフード(生食)は身体に良い?悪い?

人参
自然界の食べ物と聞いて、海外セレブや健康意識の高い有名人・芸能人にも好まれるローフードを思い出した人もいるでしょう。

ローフードには様々な美容・健康効果が期待されてます。身体に良い理由としては「生の野菜や果物から酵素(消化酵素・代謝酵素)を取り込み、消化・代謝といった身体の中での反応をしっかり行わせる(=体調を良くする)」というように考えられています。酵素ドリンクを飲むのと同じような理屈ですね。

しかしこの「酵素を取り込んで美容・健康効果を得る」という理屈は、最近では多くの専門家が否定しています。これについては別記事で詳しく述べているので、そちらをご覧ください。(グリーンスムージーに含まれる「酵素」の効果とは?を参照ください)

さらに栄養面では

・栄養が偏ってしまいがち(肉食を避けることを推奨している場合が多い)
・脂溶性ビタミンの吸収率が悪い

といったデメリットもあるため、ローフードを続けることは身体にとって望ましくないと考えられます。
ただし、栄養素の中には熱に弱いものもあるため、ローフードにはデメリットしかないというわけではありませんよ。

注意!自然界の食べ物が完璧というわけではない!?

オーガニックフード
添加物や残留農薬は無いに越したことはないと述べましたが、これらは様々な研究を経て「安全である」と判断されたということも忘れないでほしいと思います。

また、添加物や農薬にはれっきとした役割があり、これがないことで逆に身体に悪影響がある可能性もあります。
例えば「保存料不使用」といった食品があったとします。一見すると安全な食品のように思えますが、保存料がないということは腐敗しやすい、つまり食中毒を起こしやすい食品であると言えるのです。

勿論、保存方法や消費期限を守れば、食中毒となる可能性はほぼありませんが、世の中では「食品添加物で体調を悪くした人」よりも「食中毒になった人」の方が圧倒的に多いということを考えれば、どちらの可能性が高いかは想像がつくでしょう。
農薬も、植物を病気から守ったりする役割があるということを考えれば、健康な食品の提供に一役買っていることが分かります。

調味についても同じで、全く塩分や糖分をとらない食事にもまたデメリットがあります。
例えば、夏場に塩分を極端に制限していると熱中症の危険性を高めるということはご存知の通りです。

また、調味は食の嗜好性にも関わります。「全く調味されていないもの」よりも「調味料や香辛料などで適度に味付けされたもの」を好きだという人が圧倒的に多いですよね。嗜好性と聞くとなくても問題ないように感じられますが、それは全くの誤解です。

食の楽しみは、栄養素の有無に関わらず、身体的・精神的健康に大きく関与します。
調味されていなくても全く気にならない人や、調味されていない方が好きな人はともかく、健康のためにと無味な食事を我慢して続けていては、ストレスも溜まるので、身体にも良くないのです。

大事なことは「とにかく食事から添加物や農薬、調味料を除去する」ということではなく、自分の生活を考え、それらが自分にとって必要なものかどうかを考え、選択することなのです。

まとめ:自然界の食べ物が体に良い理由

近年、「自然のままの食品の方が健康に良い」という風潮が強まってきました。
確かに、自然のままの食品は、添加物や農薬、調味料などの添加物が少なく、普段私たちが食べているものに比べ、身体への負担が小さいと考えられます。

しかしこれが、栄養の偏りに繋がるローフードなどのような極端な食生活に繋がっては、逆に不健康を招く可能性があります。
添加物等は安全性も認められていますし、摂り過ぎなければ身体の機能で体外へ排出することができます。

現代人の食生活から完全に添加物や農薬、調味料を除くのは難しいですし、それにはまた別のリスクも伴います。何が自分に不要なのか、必要なのか、よく考えて食事を選択するようにしましょう。

関連記事

bss

「ブロッコリースーパースプラウト」の効果と栄養素、食べ方

ブロッコリースーパースプラウトってどんな食べ物? 地中海沿岸を原産とするアブラナ科の緑

記事を読む

「クコの実」の効果と栄養素、食べ方

「クコの実」の効果と栄養素、食べ方

クコの実って食べられるの? 杏仁豆腐の上に乗っている赤い実…クコの実をただの飾りだと思

記事を読む

レタス

野菜は生がいいとは限らない!?加熱調理のメリットとは

野菜は生がいいとは限らない!?加熱調理のメリットとは 加熱調理は栄養素を壊すので、健康

記事を読む

スピルリナ

「スピルリナ」の効果と栄養素、食べ方

スーパーフード「スピルリナ」とは 健康ブームが幕を開けて以来、それまで名前を聞いたこともな

記事を読む

アロエ

「アロエベラ」の効果と栄養素、食べ方

アロエベラってどんな食べ物? 火傷に効く、便秘解消…などの民間療法で、日本でも昔から親

記事を読む

ピタヤ

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)の効果と栄養素、食べ方

スーパーフード「ピタヤ」ってすごい! 少量でもたっぷり栄養素が含まれるスーパーフード。

記事を読む

グレープ&いよかんで柑橘ビタミンパワー!グリーンスムージーレシピ 材料

ビタミンCだけじゃない?柑橘類の意外なチカラと落とし穴

ビタミンCは素晴らしいフルーツ。知識を深くしてもっと綺麗に。 多くの人にとって最も身近

記事を読む

貧血

貧血だけじゃない!?健康にも美容にも悪い鉄分不足

鉄分とカラダの関係 貧血が若い女性に多いワケ 月経のある女性は鉄分の必要量が多く、男

記事を読む

カカオ

カカオの効果と栄養素、食べ方

カカオには秘められた力がある チョコレートの原材料でおなじみの「カカオ」もスーパーフー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スムージーレシピ 現在のレシピ記事掲載本数(82本)
プチトマト
自然界の食べ物が体に良い理由

オーガニックフードってやっぱり凄い 現代人の食生活では、ほと

生理不順
生理不順と野菜不足の関係

生理不順とその原因 一般的な生理周期(25日~38日程度)や

むくみ
むくみの原因を探って根治を目指そう

むくみは根治しないと繰り返す 冷え、貧血と並んで、多くの

マカロン
間食置き換えダイエットのすすめ

普通の置き換えダイエットとの違い ダイエット方法の中でも認知度の

貧血
貧血だけじゃない!?健康にも美容にも悪い鉄分不足

鉄分とカラダの関係 貧血が若い女性に多いワケ 月経のあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑