*

「アロエベラ」の効果と栄養素、食べ方

公開日: : 食物の栄養素や効果

アロエ

アロエベラってどんな食べ物?

火傷に効く、便秘解消…などの民間療法で、日本でも昔から親しまれてきたアロエ。小さいころにお世話になったという人もいるでしょう。
今回はそんなアロエの一種である「アロエベラ」についてご説明します。

基本情報

アロエアロエベラはアラビア半島南部、北アフリカなどを原産とし、アフリカ、インド、地中海を中心とするヨーロッパなど広く分布するアロエ属の多肉植物です。乾燥や温暖な気候に強い反面、寒さに弱いため、日本国内では関東以南(とくに愛知、沖縄)で栽培されています。アロエ属は400種類もあると言われていますが、国内で栽培されているものの多くはケープアロエ、キダチアロエ、そしてアロエベラの3種類です。

アロエベラはこの中でも葉に厚みがあり、ゼリー状の葉肉が多く、食用にぴったり。表面は苦味がありますが、葉肉は無味無臭で、やや弾力のあるつるっとした食感が特徴的です。アロエヨーグルトを食べたことのある人は分かるかもしれませんね。
生食用のアロエは栽培して手に入れるかインターネット通販で手に入れるのが一般的です。そのまま利用できるアロエベラジェルやパウダー、加工されたジュースなどもインターネットで販売されていますよ。

アロエベラの栄養素・効果

アロエベラで注目されているのは栄養素の高さというより、薬効のある有効成分の数々です。アロエベラに含まれる主な有効成分としては、胃腸の活性化・便秘改善効果のあるアロインやアロエエモジン、殺菌作用・解毒作用・抗炎症作用のあるアロエチン、抗ウィルス作用・抗腫瘍作用のあるアロミチンなどが挙げられます。とくにアロインはその薬効が強く、医薬品として用いられるほどなので、過剰摂取は注意が必要。さらにアロイン・アロエエモジンは子宮を収縮させる妊娠中の方は早産・流産を誘発する恐れがあるので、摂取は控えてください。

もちろん栄養面においても優秀で、ビタミン類(ビタミンA、B群、C、Eなど)、ミネラル(カリウム、鉄など)といった、健康・美容に欠かせない微量栄養素を多く含みます。これらを含むことで、健康効果としては疲労回復、風邪予防、高血圧予防、貧血改善、便秘改善などで、美容効果としては美肌効果(美白、ターンオーバーの調整)、アンチエイジング、デトックス効果などが挙げられます。

アロエベラの食べ方

aloe_03アロエベラはそのまま生食したり、料理に入れたり、ジュースにしたりして食します。アロエベラはキダチアロエに比べて苦味が少ない食材ですが、葉の表皮部分には苦味成分であるアロイン・アロエエモジンが含まれるため、取り除いた方が食べやすいでしょう。実際に、アロエベラを使ったレシピの多くは、葉肉のみを使ったものがほとんどです。また、葉肉のシロップ漬けや蜂蜜漬けを作っておけばヨーグルトに混ぜたり、飲み物に混ぜたりと用途が広がります。

アロエベラとスムージー

「スピルリナとアロエ」のスムージーレシピアロエベラ入りのスムージーは生食用の葉肉をそのまま使っても、ジェルやパウダーを使っても良いでしょう。便秘解消効果のあるのは表皮の部分ですが、前述のとおり表皮には強い効果のある有効成分が含まれるため、過剰症(下痢、内臓の充血)の恐れがあるので、丸ごと入れることはせず、様子を見ながら加えていくと良いでしょう。なお、表皮を入れるときは棘の部分を除くようにしましょう。
アロエベラを使った粉末スムージーや、スムージーを扱っている専門店は少ないので、自作するという人がほとんどです。

レシピは「スピルリナとアロエ」のスムージーレシピでご覧ください。

まとめ:アロエベラの効果と栄養素、食べ方

アロエの一種であるアロエベラは葉肉がたっぷり詰まっている、食用に適したアロエ。さまざまな薬効成分がありますが、葉肉の部分は無味無臭で食べやすいのが特徴です。一般的な入手方法としては、栽培するか、インターネット通販があります。

アロエベラで期待される薬効は胃腸の活性化や抗ウィルス・抗腫瘍・抗炎症作用、便秘改善、解毒作用(デトックス作用)など。また、ビタミンA、B群、C、Eや鉄・カリウムなどのミネラルを含むため、疲労回復、風邪予防、高血圧予防、貧血改善、美肌効果、アンチエイジング…など多岐にわたる健康・美容効果が期待されます。

アロエベラは生食することも、料理に使うこともできます。シロップ漬けや蜂蜜漬けを作り、ヨーグルトやゼリーなどに入れれば手軽に摂れますし、スムージーに入れても良いでしょう。生のアロエベラの他にも、ジェルやパウダーに加工されたものが販売されているので、手軽に楽しみたいという人は利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

貧血

貧血だけじゃない!?健康にも美容にも悪い鉄分不足

鉄分とカラダの関係 貧血が若い女性に多いワケ 月経のある女性は鉄分の必要量が多く、男

記事を読む

bss

「ブロッコリースーパースプラウト」の効果と栄養素、食べ方

ブロッコリースーパースプラウトってどんな食べ物? 地中海沿岸を原産とするアブラナ科の緑

記事を読む

レタス

野菜は生がいいとは限らない!?加熱調理のメリットとは

野菜は生がいいとは限らない!?加熱調理のメリットとは 加熱調理は栄養素を壊すので、健康

記事を読む

スピルリナ

「スピルリナ」の効果と栄養素、食べ方

スーパーフード「スピルリナ」とは 健康ブームが幕を開けて以来、それまで名前を聞いたこともな

記事を読む

ピタヤ

ピタヤ(ドラゴンフルーツ)の効果と栄養素、食べ方

スーパーフード「ピタヤ」ってすごい! 少量でもたっぷり栄養素が含まれるスーパーフード。

記事を読む

グレープ&いよかんで柑橘ビタミンパワー!グリーンスムージーレシピ 材料

ビタミンCだけじゃない?柑橘類の意外なチカラと落とし穴

ビタミンCは素晴らしいフルーツ。知識を深くしてもっと綺麗に。 多くの人にとって最も身近

記事を読む

プチトマト

自然界の食べ物が体に良い理由

オーガニックフードってやっぱり凄い 現代人の食生活では、ほとんどの食べ物に添加を始め、さま

記事を読む

「クコの実」の効果と栄養素、食べ方

「クコの実」の効果と栄養素、食べ方

クコの実って食べられるの? 杏仁豆腐の上に乗っている赤い実…クコの実をただの飾りだと思

記事を読む

カカオ

カカオの効果と栄養素、食べ方

カカオには秘められた力がある チョコレートの原材料でおなじみの「カカオ」もスーパーフー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スムージーレシピ 現在のレシピ記事掲載本数(82本)
プチトマト
自然界の食べ物が体に良い理由

オーガニックフードってやっぱり凄い 現代人の食生活では、ほと

生理不順
生理不順と野菜不足の関係

生理不順とその原因 一般的な生理周期(25日~38日程度)や

むくみ
むくみの原因を探って根治を目指そう

むくみは根治しないと繰り返す 冷え、貧血と並んで、多くの

マカロン
間食置き換えダイエットのすすめ

普通の置き換えダイエットとの違い ダイエット方法の中でも認知度の

貧血
貧血だけじゃない!?健康にも美容にも悪い鉄分不足

鉄分とカラダの関係 貧血が若い女性に多いワケ 月経のあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑