*

ダイエット停滞期を乗り越える思考法

公開日: : ダイエットコラム

ダイエット

じっくりのんびりダイエットなら停滞期も気にならない?

多くのダイエッターの頭を悩ませてきた停滞期。ダイエットの成果が感じられないどころか、頑張ってもなかなか減らない体重に、モチベーションまで下がってしまいますよね…。本当は避けて通りたい道なのに「停滞期はダイエットにつきものだから」…なんて諦めてはいませんか?

実は、健康的なダイエットなら、停滞期とは無縁でいられるのです。
身体のつくりとダイエットの関係をよく理解して、リバウンドや停滞期知らずのダイエットライフを送りましょう!

●関連記事
ダイエット中のコンビニはNG?
ダイエット中に食べていいおやつは肥満原因によって違う!?
ダイエットサポートはアプリにお任せ!

停滞期とは何か?

ダイエットを始めてから、順調に減り続けていた体重が、あるときぱったりと減らなくなってしまったという経験、ありませんか?これこそが、多くの人がダイエットを諦めてしまう原因のひとつである停滞期です。

停滞期は長い人なら1ヶ月近く続くので、「これ以上効果がないなら…」とダイエットを止めてしまえば、体重が減らないどころか元に戻ってしまう「リバウンド」を引き起こしかねません。

停滞期やリバウンドは、体にホメオスタシス(恒常性機能)という機能が備わっているために起こります。ホメオスタシスとは身体の生理機能(体温、血圧、血糖値など)を一定に保とうとする性質です。例えばダイエットの場合、

食事量が減る(=摂取エネルギー(カロリー)が減る)

少ない食事量でも生きていけるようにしないといけない

エネルギー吸収率が高まる
エネルギーとして脂肪を蓄える

身体の中でこのような流れが起こり、ダイエットしているのに思ったように減らない「停滞期」が起こるのです。食事制限ではなく、運動を取り入れたダイエットをしている人も同じ。それまでほとんど運動していなかったのに、急に長時間の運動を習慣化させ、消費したカロリーを補う食事をしていなければ、上の例と同じ流れを辿ります。

逆を言えば、停滞期はある意味で健康の証なのです。
少ない食事量(エネルギー)でも問題なく生きていけると脳が判断すれば、次第に停滞期も収まってくるので、停滞期を乗り越えるには「ダイエットを続ける」より他ありません。

ダイエットは長い目で見た目標を

停滞期が起こる目安は「ダイエット開始から1ヶ月以内に体重が5%以上減少したとき」と言われています。つまり、体重50kgの人なら2.5kg以上、60kgの人なら3kg以上、減量するようなダイエットは停滞期の壁に阻まれてしまうということ。無理なダイエットをしているつもりはなくても、「1ヶ月で3kg減!」なんて目標を立てている人は要注意です。

でも、体重の5%って意外と少ないですよね。

上の数字を見て「もっと痩せたいんだけど…」と思ったなら、ダイエット期間を伸ばしてみましょう。長期間ダイエットを続けるのは難しく感じられるかもしれませんが、例えば1ヶ月に3kg減の目標を、3ヶ月に3kg減(1ヶ月に1kg減)にするので、ダイエットそのもののハードルは下がりますよ!

また、短期間で頑張ってぱたっと止めてしまうダイエットはリバウンドを引き起こしやすいというデメリットもあります。1日1日の制限や運動量が軽いものでも、これを継続・習慣化させることが一番大事。極端な例ですが、1日に30頑張って残りの29日何もしないより、1日に1頑張り続ける方がダイエットとしては効果的なんですよ。

ダイエットで栄養失調!?

食べ物が溢れている日本では、栄養失調なんて聞いても、いまいちピンとこないでしょう。しかし、ダイエッターの中には隠れ栄養失調になっている人も少なくありません。それも、拒食・過食のような摂食障害を患う人だけではないというのですから驚きです。

具体的には「半年間で体重の10%以上の減少」で、医学上、問題ありと判断されます。60kgの人のダイエット目標が「半年間に6kg減」と聞くと、人によっては「もう少し頑張ったら?」と思うかもしれませんが、医学的にはこれが健康スレスレのボーダーラインなのです。

最初に立てたダイエット目標で、大事な身体に無理をさせていないか、もう一度見直してみてくださいね。

まとめ:じっくりのんびりダイエットなら停滞期も気にならない?

多くのダイエッターの頭を悩ませる停滞期を避けて通るには、まずダイエット目標から見直す必要があります。ダイエット目標のキーワードはずばり「減量はじっくりと」!

具体的には、減量は「1ヶ月に体重の5%以内」「6ヶ月に体重の10%以内」が目安です。とくに後者は身体を健康に保つために、ぜひ意識して欲しい数字です。

健康よりも美容!という意識はナンセンス。
美容は健康という土台がなければ成り立たないのですから、「痩せて美しくなりたい」「ダイエットしてかわいい服が似合うようになりたい」という願望があるのなら、のんびりダイエットで健康と美容の両方を欲張ってみませんか?

関連記事

しなやかな女性

ダイエット効果のある意外な3つのスポーツ

楽しみながら痩せられるスポーツを探そう 美しく、そして健康的に痩せるには運動が必要不可欠だ

記事を読む

マカロン

間食置き換えダイエットのすすめ

普通の置き換えダイエットとの違い ダイエット方法の中でも認知度の高い置き換えダイエットは、短期

記事を読む

シリアルバー

ダイエット食品の種類を調査してみた。

ダイエット食品にはどんな種類あるの? 普通に生活していても、あちらこちらで見かけるダイ

記事を読む

むくみ

むくみの原因を探って根治を目指そう

むくみは根治しないと繰り返す 冷え、貧血と並んで、多くの女性の頭を悩ませるむくみ。発症

記事を読む

ダイエットに禁物な食べ物

その情報は大丈夫?ダイエットに禁物の5つの勘違い

意外に知られていないダイエットの落とし穴 世の中にあふれている様々な情報は、正しいもの

記事を読む

朝食

ダイエット中におすすめの朝食メニュー

ダイエット中はどんな朝食が良いのか考えてみた ダイエット中、カロリーカットのために朝食

記事を読む

8Hダイエット

8時間ダイエットとは?

今話題の8時間ダイエットってどんなもの? アメリカ発祥の「8時間ダイエット」を知ってい

記事を読む

ダイエットアプリ

ダイエットサポートはアプリにお任せ!

普及し続けるダイエット関連アプリ 今やダイエット生活の定番となっているダイエットアプリ

記事を読む

水泳

「有酸素運動」の種類や運動法まとめ

【種類別】有酸素運動の基本情報 「有酸素運動がダイエットに良い」ということが分かってい

記事を読む

foods

ダイエット中の夜食選びのポイント

影響が少ないお夜食を知る 夜食をとる習慣はダイエット中には絶対にNG!…ということが分

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スムージーレシピ 現在のレシピ記事掲載本数(82本)
プチトマト
自然界の食べ物が体に良い理由

オーガニックフードってやっぱり凄い 現代人の食生活では、ほと

生理不順
生理不順と野菜不足の関係

生理不順とその原因 一般的な生理周期(25日~38日程度)や

むくみ
むくみの原因を探って根治を目指そう

むくみは根治しないと繰り返す 冷え、貧血と並んで、多くの

マカロン
間食置き換えダイエットのすすめ

普通の置き換えダイエットとの違い ダイエット方法の中でも認知度の

貧血
貧血だけじゃない!?健康にも美容にも悪い鉄分不足

鉄分とカラダの関係 貧血が若い女性に多いワケ 月経のあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑