*

8時間ダイエットとは?

公開日: : ダイエットコラム

8Hダイエット

今話題の8時間ダイエットってどんなもの?

アメリカ発祥の「8時間ダイエット」を知っていますか?これは1日の食事を8時間以内に収め、消化器官を休ませる時間を作ることで、代謝を上げるというダイエット方法です。

「8時間以内であれば何を食べても良い」という魅力的な部分ばかりが一人歩きしていますが、ルールはこれだけではありません。

ルールをきちんと守った経験者によれば、ダイエット効果の他にも「お通じが良くなった」「身体の調子が前より良い」など、健康面でのメリットもあるそう。
そんな8時間ダイエットの正しいやり方とは一体どのようなものなのでしょうか。

●関連記事
ダイエット効果のある意外な3つのスポーツ
ダイエット時におすすめの入浴剤は?

8時間ダイエットの基本とやり方

ルール
8時間ダイエットには、守らなければならない4つのルールがあります。

①1日の食事は8時間以内に収める

(食事をしてはいけない間も、飲み物は水やお茶のようなゼロカロリーのものであれば飲んでも良い)
②暴飲暴食をしない

③1日8分、軽い運動をする

④1日2種類以上、以下の食品を食事に取り入れる
 ・卵と脂身の少ない肉
 ・乳製品
 ・ナッツ
 ・豆類
 ・ベリー
 ・明るい色の果物
 ・穀物
 ・緑色の葉野菜

このルールを守っていれば、ダイエット・健康効果があると期待されます。

「好きなだけ食べられないの?」「結局運動をしなくちゃいけないの?」とがっかりした人もいるかもしれません。しかし、この8時間ダイエットは一般的に推奨される運動量や食事制限に比べ、非常に易しいルールばかり

例えば食事は暴飲暴食を避け、決められた食品を食べさえすれば、1日の摂取カロリーや栄養素の摂取量を細かく意識することまで求められていません。さらに運動時間も、ダイエットに推奨される「有酸素運動20分以上」に比べて半分以下で良いとされています。

ダイエットは制限が多く厳しいものを短期間だけやるよりも、制限が緩やかで取り組みやすいものを長時間続けることが重要。そのため、厳しい食事制限を続けるのが辛い、毎日20分も運動するのはたいへん、といった理由からダイエットをリタイアしてしまっていた人は、この8時間ダイエットにもぜひチャレンジしてみてください。

「痩せる」メカニズム

ダイエット中は食事量や食事回数が減りがちですが、8時間ダイエットの注目すべきダイエット・健康効果はそれだけではありません。

8時間ダイエットは食事時間を限定することがポイント。提唱者であるDavid氏とPeter氏によれば、1日の食事時間が長いと消化器系に疲労が溜まり、食べたものが脂肪に変わってしまうとされています。そのため、消化器系を休める時間を充分とることで、不必要に脂肪が溜まるのを防ぐことができるのです。

また、酵素の働きにも注目してみましょう。ダイエット時はエネルギー(カロリー)を消費することが重要ですが、それにはまずエネルギーを産生しなければなりません。エネルギーを作るのに必要な代謝酵素は消化酵素と密接な関係にあり、消化酵素が消費されると、代謝酵素も減少してしまうのです。

そのため、消化にかかる時間が長い(=消化酵素をたくさん消費する)と、代謝酵素が働く分がどんどん減ってしまいます。つまり裏を返せば、消化にかかる時間を短くすることで、多くの代謝酵素を働かせることができるようになるということです。

失敗の原因は?

8時間ダイエットの失敗で一番多い理由は暴飲暴食や偏食です。前述したメカニズムを思い出してください。暴飲暴食は酵素の働き以上にカロリーを摂取する可能性がありますし、いくら胃腸を休めても、偏食していては代謝酵素が充分作られない・働けない可能性があります。

このため、8時間ダイエットを過信しすぎて「好きな物を好きなだけ食べる生活」をしていては、せっかくの効果が台無しになってしまいます。

まとめ:今話題の8時間ダイエットってどんなもの?

8時間ダイエットは「1日の食事時間を8時間以内に収める」ことを主軸としたダイエット方法。「好きな物を好きなだけ食べられるダイエット方法」と思われがちですが、「暴飲暴食をしない」というルールもあるので、誤解しないように注意してくださいね。

このダイエット方法は胃腸が休む時間を確保し、必要な時にしっかり働くようにすることができるので、胃腸に疲労がたまっている人は、胃腸が元気になるという効果も期待されます。

制限の多いダイエットに疲れてしまったダイエッターさんだけでなく、最近胃腸の疲れを感じる人や、健康に興味がある人は、ぜひ試してみてくださいね。

関連記事

リンゴ

「一品ダイエット」はダイエットには不向きです。

一品ダイエットで綺麗に痩せることができない理由 ダイエットについて調べているとき、誰し

記事を読む

朝食

ダイエット中におすすめの朝食メニュー

ダイエット中はどんな朝食が良いのか考えてみた ダイエット中、カロリーカットのために朝食

記事を読む

ダイエットに禁物な食べ物

その情報は大丈夫?ダイエットに禁物の5つの勘違い

意外に知られていないダイエットの落とし穴 世の中にあふれている様々な情報は、正しいもの

記事を読む

ポテトチップス

ダイエット中に食べていいおやつは肥満原因によって違う!?

ダイエット中のおやつが手助けになることも? ダイエット中はおやつを我慢しなきゃいけない

記事を読む

foods

ダイエット中の夜食選びのポイント

影響が少ないお夜食を知る 夜食をとる習慣はダイエット中には絶対にNG!…ということが分

記事を読む

水泳

「有酸素運動」の種類や運動法まとめ

【種類別】有酸素運動の基本情報 「有酸素運動がダイエットに良い」ということが分かってい

記事を読む

和食

ダイエット食の基本を学ぼう

ダイエット食、基本の「キ」! ダイエット中の食事、どうしていますか? 食事の重要性が

記事を読む

ダイエット

ダイエット停滞期を乗り越える思考法

じっくりのんびりダイエットなら停滞期も気にならない? 多くのダイエッターの頭を悩ませて

記事を読む

しなやかな女性

ダイエット効果のある意外な3つのスポーツ

楽しみながら痩せられるスポーツを探そう 美しく、そして健康的に痩せるには運動が必要不可欠だ

記事を読む

入浴

ダイエット時におすすめの入浴剤は?

ダイエットと入浴の関係 疲れを癒すため、美容のため、そしてダイエットのためにもバスタイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スムージーレシピ 現在のレシピ記事掲載本数(82本)
プチトマト
自然界の食べ物が体に良い理由

オーガニックフードってやっぱり凄い 現代人の食生活では、ほと

生理不順
生理不順と野菜不足の関係

生理不順とその原因 一般的な生理周期(25日~38日程度)や

むくみ
むくみの原因を探って根治を目指そう

むくみは根治しないと繰り返す 冷え、貧血と並んで、多くの

マカロン
間食置き換えダイエットのすすめ

普通の置き換えダイエットとの違い ダイエット方法の中でも認知度の

貧血
貧血だけじゃない!?健康にも美容にも悪い鉄分不足

鉄分とカラダの関係 貧血が若い女性に多いワケ 月経のあ

→もっと見る

PAGE TOP ↑